2000年1月1日ウラジオストク市内の様子

 

Y2K問題:

ロシアの核は大丈夫だったのか、ライフラインはどうなっているのか

 

→ 結局なんともありませんでした。拍子抜けです。日本より1時間早く2000年を迎えましたが、電気、水もお湯も問題なしでした(懸念された太平洋艦隊の核兵器も大丈夫でした)。12月初旬頃、ニュースステーションの渡辺キャスターもやってきて、太平洋艦隊本部前で生放送までやっていたのに...

 そもそもロシア人でY2K問題を心配しているものはおらず、おいおい大丈夫かこの国はと思っていましたが、ロシアではまだコンピュータ化されていないものが多いので日本より却って安全だったのかも知れません。

 

 0:00になった瞬間にはロシア人(我々も)建物の窓から打ち上げ花火を手に持って発射し(危険ですが壮観です)、新千年紀を祝いました。2:00頃に広場に行くと、−20℃位にも関わらず皆、狂喜乱舞していました。

 

・上の画像は、広場にできた巨大なツリーです。そこらじゅうで花火、爆竹が炸裂していました。

・下の画像は、ツリーの脇にある滑り台です。滑走面に水をまいて、凍った斜面を子供も大人も立ったまま滑って(転んで落ちて)行きます。僕もチャレンジしましたが、あっという間に転んでそのまま前の人に突っ込んでいきました。久しぶりに童心に帰って楽しかったですが、白いズボンに大きなシミを作ってしまいました。