ロシア航空会社・空港事情

ウラジオストク・アヴィア航空(アエロフロートが分社化しました)

 飛行機が発進すると同時に上のダッシュボード(荷物入れ)がバカッと開き、フタがもう少しで頭を直撃するところでした。客は大量の荷物を機内に持ち込み、空いた席は電気製品やらで一杯です。

 アエロフロートのパイロットのテクニックは世界一という説もあります(パイロットは元軍人が多いとのこと)。確かに着陸の際の衝撃は他の航空会社より少なく滑らかな感じがします。しかし、航空機に詳しい人に言わせると、一発でドスンと着地をした方が安全とのことです(静かに降りるのにはテクがいる。車でいうと半クラッチの状態を続けることになり不安定な状態になる)。

 

 機内食は右の写真のようにけっこうおいしかったです。99年12月現在では写真からメインディッシュを除いたようなメニューになってしまいました。まぁ、新潟から1時間15分ですから許すこととしましょう。(残念ながら2000年4月現在は、もっと不味い簡素な食事になっています。2000年12月末ではさらに不味くなり、右の写真に入っているようなものは一つもなく、一瞥しただけで思わずいらないと言ってしまいました。)

 2001年8月、さらに簡素になってました。丸パンとチーズ、パテ、チョコ、お菓子でした。

 

 しかし、サービスが向上しており驚きました。その女性だけかもしれませんが(初めて見る若い女性)、終始愛想良く、客の注文に小走りに走り回るなど、個人の資質によるものかも知れませんが、なんとなく気分良かったです。美人だし。

 また、日本語の機内放送も入るようになりました。かなりたどたどしいですが、やる気があることはわかるので、良しとしましょう。

 

 アエロフロートのステッカーがウラジオストク空港の国際線搭乗口のドアに貼ってあります。「If we are not smiling ,we are just working hard to make you smile.(もし我々が微笑んでいないなら、我々はあなたを微笑ませるために一生懸命働いてるのです)」と愛想が悪いことを開き直る傑作です。

 

 問題はロシアに入ってからです。国境警備隊、税関、空港職員(警備員)は最悪です。もう警察国家丸出し。ロシアに入った瞬間に帰りたくなります。今までで一番ひどかったときは満員の飛行機(といっても150人くらい)から降りて入国審査を待つ際、(その日は特に窓口の職員が少なく)長蛇の列となり、初冬で寒い中、空港の建物からはみ出たまま20分くらい待たされました。さらに建物に入ってからも30分(ディズニーランドか、ここは!)。私の後ろの観光で来ていた団体さんはこの時点ですでにキレて「いいかげんにしろ!」と叫んでいました。これからまた税関に時間がかかるのです。旅行の最初からこれだと国自体の印象が悪くなってしまうのにねぇ(スムーズにパッパと済むこともごくたまにありましたけどね。)。

 荷物運搬機(「ガラガラ」と呼んでいるあれ)もなんと有料です。しかも5ドル!。到着ロビーはメチャメチャ狭いのでわずか20m位移動するだけのために5ドルを払う気にはとてもなれません。ロビーへの扉もごく普通のドアで狭く、到着客を出迎える人々でごった返しになり、不便で仕方ありません。

 そんなステッカーを貼る前にまずはこういうことを改善しましょう。

ウラジオストク空港国際ターミナルのレストラン(2F)

 新規オープンしたレストランに初めて入りました。さっぱりと清潔な感じで良い雰囲気です。

 ところが、全然ダメ、接客最悪。

 入店してなかなかウェイトレスが出てこないので、とりあえず近くの席に座ります。ようやく姿を現しましたが、メニューをなかなか持ってきてくれません。メニューをくれと言いに行くと、我々が座っている席は職員(空港or航空会社職員)の席だから、向こうに座ってくれと。レストランの半分以上の席を職員席が占めており、本来の客は奥へ追いやられます。そこで準備をしてある席は1つのテーブルしかありません。その隣の席はテーブルクロスさえもかけてなかったり、イスが方々に無造作におかれている状態です。ちなみに時間は13時半頃で、開店直後とかいうわけではないですよ。

 カバンを机の足元におくと、「歩くのに邪魔だからどかしてください!」といい態度です。

 しばらくして日本人2人とロシア人ガイドと思われる人が入ってきました。するとウェイトレスは、ものすごいことに「席が一杯で入れません」と言います...職員用の席はガラガラだし、我々の隣の席(3つか4つもテーブルがある!)もちょっと直せばいいだけです。どう見ても席が一杯という表現は不適当としか思えません。予約でも入っているのかなと耳をそばだてて聞いていましたが、なんと「ウェイトレスの数(2人)が少なくて忙しいから席を作れない」と曰います(客、我々の他に3,4人しかいねーぞ、オイ)。

 さすがにロシア人ガイドが「なんとか席を作ってくれませんか」というと渋々、フォーク、ナイフ等を並べ始めました。

 どうなっているんだここは。我々の常識が吹っ飛びます。

最悪イルクーツク空港

 僕が一番頭にくるのはイルクーツク空港です。国内便でも外国人は別のターミナルに隔離されます。しかも搭乗は一番最後に回されます。一番最後で何が困るかというと、席が自由席になっているからです。もちろんチケットに座席番号が書いてありますが、スチュワーデスも「空いている席に座れ」とひどい話です。2000年5月に乗ったときは空いていたのでまだ許せたのですが、95年に乗ったときは、料金はロシア人の2倍位の外国人料金を払わせておきながら、一番最後の搭乗でした(そのときは「高い金を払わせているからゆっくりと最後に乗せてくれるんだな」と思ったものでした)。ところが我々の席はすでにロシア人座っており、文句を言ってもスチュワーデスは空いている席に座れと一蹴し、結局一番後ろの席に連れて行かれました。そして後ろが壁でイスが90°(垂直ですよ垂直!)になったまま後ろに全く倒れない不快きわまりない席に座らされ、直立不動の姿勢のまま4時間くらいウラジオまで我慢しました。

 5年経ち料金差別はなくなったようですが、外国人隔離システムがまったく進歩していないことに驚かされました。

ウラジオ−モスクワ便(アエロフロート)

 01年5月、ウラジオ−モスクワを往復しました。機体はエアバスです。狭苦しいツポレフではないのでかなり期待して乗り込んだのですが、肝心のイスが古くけっして快適ではありませんでした。帰りの便ではもう少し新しい機体だったようでイスも比較的良好でした。SASで成田−デンマークを飛んだときと同程度でした。

 しか〜し、やはり問題はありました。行きも帰りも妻と一緒にチェックインしたのですがよくよくチケットを見てみると席が少し離れています。なぜ?普通隣にするんじゃないの?行きはわりと遅めのチェックインだったので「もしかすると」席が既になかった可能性もなきにしもあらずと思いましたが、我々の次の次くらいにチェックインした国境警備隊のおじさんが妻の隣になっていました。(そのおじさんには搭乗待合室でパスポートチェックをされましたが)飛行機に乗り込んだときに席を替わってもらいました。でも、席を替わってもらったのにおじさんの隣には激デブのおじさんが座ってしまい窮屈そうで悪いことをしたなと思いました。

 帰りは手続きが始まってすぐチェックインしました。でも、また後でよくよく見ると席は微妙に離れています。「なぜ?」理解不能です。しょうがないのでまた席を替わってもらおうと思っていました。今回は中国からの団体客(ウラジオ経由でハルビンにでも帰るのか)が乗客の2/3位を占めていました。彼らは騒々しくかなり浮いた存在で搭乗が始まると我先にと飛行機に向かいます。「急いでも意味無いよ」と我々はその後に乗り込みました。

 油断していました。帰りはなんとモスクワ便でも「自由席」になってしまったのです。機体に入るとスチュワーデスが「ミェスタ スヴァボードナ(席は自由に)」と伝統の一撃です。しまったと思いつつも後ろの方にまだ余裕があったのでなんとか妻と並んで座れる場所を見つけました。余裕顔で一番最後に乗り込んできたロシア人グループはいうまでもなくまともな場所はありません。怒って抗議していますが後の祭りです。仕方なくスチュワーデスが並んで座れるよう中国人に席を替わってやってくれと頼んでいますが、そんなこと聞くわけありません。「オメーらが悪いんだ!アエロフロート。バカたれ。」と叫びたい気分でした。

◆遅れる

 ロシア国内便は良く遅れます。遅れて当たり前。私の感覚だと1/3〜1/2位の確率で遅れています。今回(01年7月)も前回(01年5月)もモスクワ便行き帰り両方遅れました。
 7月に乗った日はモスクワで超突風が吹き、大雨で金属の看板が倒れるわ、木はへし折れるわで20人が死亡したのですが、遅れた理由は最初ロビーでは「ウラジオストクの天候不良」、機内では「モスクワ及びウラジオストクの天候不良」と言っていました。モスクワの天候で遅れるというのはわかるのですが(でも、夕方は風が止んでおり、遅れていない便もあった)、ウラジオストクは後で聞くと、当初の到着予定の頃はいい天気で何もなかったとのことでした。ただの怠慢が遅延の主たる原因だと私は思っています。
 

◎2001年7月4日ウラジオストク・アヴィア墜落事故

 エカチェリンブルグ発ウラジオストク行きのTU154機(ツポレフ154)がイルクーツクに給油に降りる際に墜落しました。乗客・乗員143名全員死亡。私の知り合いの方も残念ながら犠牲になってしまいました(タチアーナさんのご冥福をお祈りいたします)。
 アエロフロート系航空会社でこの10年で同型機が墜落するのは3機目だそうです。この飛行機はウラジオストク-新潟、関西空港を飛んでいる飛行機と同じです。
 ソ連が崩壊しアエロフロートが地域ごとに分社化されましたが、経営状況はどこも思わしくないと思われます。ツポレフ機もそろそろ引退しなければならない時期のはずですが新しい飛行機をなかなか購入できません。設備投資や整備もままならないのか、新潟便ではエンジン不調のため出発が遅れるということがよくあります。
 私が思うにこれから
アエロフロート系飛行機の事故はこれからますます増えていくと思います。TU-154の機体はもう限界を超えているのではないでしょか。

●シェレメチェヴォ1空港(モスクワなあり主に国内用空港)

 01年6,7月、使用しました。ひどいところですここは。どこがひどいって?
 出発ロビーです。チェックインをして出発ロビーに行くと2階が主に搭乗待ちロビーになっていますが、狭い、極めて不親切の2点が重要なポイントです。

1.狭い

 広大なロシア各地に人々は向かうのにロビーが狭く、いつも人でごった返しイスに座れない人がたくさんいます。しかも、ロシアは飛行機が遅れるのが当たり前なので、次第に人が溜まり、有名ブランドの夏期一掃バーゲン会場のような混雑に。国内線とはいえ本当にここが首都の空港?

2.極めて不親切

 我々が搭乗を待っているとき、出発30分前になってもまだ手続きは始まりません。出発時間になってもまだです。チェックイン時に遅れるとは何も表示されていなかったのに。もちろん放送も何もありません。チェックイン・カウンターで職員に聞くと、知らない。放送を聞いていろ。」と。
 ようやく放送がありました。ウラジオストクの天候不良のため飛行機が遅れていると。3時間遅れて、ようやく「搭乗を開始します云々」と放送が入り予定の5番ゲートに並びます。近くにいるロシア人に「ウラジオストク行き?」というと「そうだ」と。しばらく並んでいましたが、どうやらこれはサンクト(確か)行きらしいということがわかりました。ウラジオ行きはゲートが変更になっていたようですが、ロビー内は騒然としており、かつ放送は早口の上、音質も悪いので聞き漏らしたようです(ロシア人も間違えて並んでいるのですからしょうがないところです)。
 ようやく変更先のゲートへ行き、飛行機に乗るべく、ゲートを抜けて送迎バス乗り場まで行きましたが、そこでも15分くらい待たされ、バスに乗っても乗ったまま10分待たされ、飛行機に乗ってやれやれと思っていると。何故か乗客全員の航空券をもう一度チェックすると言って、乗組員が新幹線の切符の検札みたいな事を始めました。搭乗券の半券だけでなく、カバンの奥底にしまい込んだ航空券も出せと。何を考えているのでしょう(前もこういうことが一度ありました。ダブルブッキングか?にしても全員の切符を調べる必要もないだろうし...)。こうして機内で30,40分待たされ、結局4時間遅れでようやく飛び立ちました。

 でも、一番不親切なことは、搭乗ロビーにゲートの番号以外に一切の表示がないことです。各入り口に1、2とか書いてあるだけで、何時にどの便が出るとかどこにも表示なし。恐ろしいことです。このロビーにはロシア各地へ行く人がいりまじっているんですよ。ウラジオ、ハバロ、イルクーツク、アルハンゲリスク、サンクト等々と。ロシア語わからない人どうするんでしょうか?ロシア語を話せない日本人ツアコンの方が乗客の英国人に聞いてたりして苦労しているのを見ました。気の毒に。(僕もその英国人に知らずにロシア語で話しかけ、となりのロシア人に聞いてね、いわれ四苦八苦しているところでした。

◆ロシアで飛行機を乗るときの注意

1.禁煙席、喫煙席はチェックイン時に自分で申告する。
 職員はどっちが良いのか聞いてくれたことはほとんどありません。

2.グループならば、席は一緒にしてと申告する。
 気の利く(普通の感覚の持ち主)職員は席を並べてくれますが、そうでないバカのときは夫婦で一緒にチェックインをしても席をバラバラにしたりします(遅れてギリギリにチェックインしたわけではない)。ちゃんと席を並べて下さいといいましょう。

3.パスポート・コントロールでは
 外交官、ファーストクラス用の窓口の方がかえって時間がかかるかもしれません。警察国家では外交官の出入りを厳しくチェックしているので(書類を書いている模様)、一般窓口より時間がかかります。ファーストクラスなのに一般客よりかえって待たされる悲惨な人も。窓口で外交官・ファーストクラス窓口で列を待っていたところ、ずーっと待たされたあげく、(一般窓口の客がみんないなくなってしまったので)「空いている窓口へ行け」と言われていました。この窓口は外交官等の便宜を図るための窓口ではなかったのか...

4.職員への質問には気をつけよう
 アエロフロートや空港の職員は忙しいのでうかつな質問はしては行けません。案内専用窓口だからといっても、まずは掲示を良く読み、放送に耳を傾け、一度深呼吸をして心を落ち着かせてから話しかけましょう。

(1)ウラジオストクでの例
 チェックイン手続きがまだ始まっていないようなので、案内窓口へ行き、「モスクワ行きSU726便のチェックインはまだですか?」と聞くと、そのおばばは僕を一瞥すらすることなく「フンッ」とA4サイズにボールペンの汚い手書きで書かれている紙を指差します。「SU725便(モスクワから来る飛行機)は4時間の遅れているので、SU726も4時間遅れます」みたいなことが書いてありました。

 −すいません。よく見えませんでした。わかりにくくて。

(2)モスクワでの例
 上記シェレメチェヴォ1にも書きましたが、01年5月、7月に利用した際、2回とも飛行機が遅れました。放送も何もないので聞きに行くと基本的に「待っていろ。」「ラジオ放送を聞いていろ。」という答ばかり。「知らない。」というナイスな回答もありました。

 −すいません。何も情報が無くて不安だったので、お忙しいあなた様に、つい質問してしまいました。

 

●ところで

 日本人もバカばっかりで、飛行機を良く遅らせているようです。先々週僕が到着を待っていたウラジオ−新潟便が40分遅れました。理由は日本人団体が遅れたから。今日(8/19)もパスポートをホテルに忘れたというオババとチケットを忘れたおじさん二人が飛行機の搭乗時間頃(出発の30分前)になっても、旅行会社の人が忘れ物を取りに行っているのを待っていました。こいつらのせいで飛行機はまた遅れます。ロシアの航空会社はこういう人を律儀に待っています(だから、国内便でも何でも遅れるのでしょう)。
 日本人はこうした海外でも気の抜けている腑抜けがたくさんいるので迷惑な人種なのかも知れません。ロシアの飛行機の中で待たされる方は辛いんだぞ。夏は飛行機が飛び立つまでまともに冷房が効かないので、灼熱地獄なんだ機内は、このアホー!