治安等について

 

 ウラジオはやっぱり危ないんです。旅行者の方はスリ・強盗に注意しましょう。夜歩かないのはあたりまえ。

  夜バーに飲みに行って、そこからホテルに帰るところをつけられて、バーでお金を払っていた人のみを狙って、暴行の上、上着ごと強奪するとか犯罪者も色々と考えています。夕方でも外国人の多くとまるホテル周辺は危ないです。最近ハバロフスクでは「空港から旅行者のあとを車でつけていって、ホテルや自宅に到着したところで車を前後挟み撃ちにして車を襲撃する、または、車から降りて家やホテルに入るところを襲う」という事件が起こっているようです。空港で出迎えがいるからと行って安心しては行けません。

 当地の某企業では、ロシア人運転手が夜、社員を送った後警官に止められました。しかし、それは偽警官でボコ殴りにされ、市内を連れ回されたあげく高級ランクルを強奪されたそうです。

 最近のモスクワではネオナチみたいな外国人排斥系の事件が起こっています。01年2、3月で3件日本人が襲われて突然暴行を受ける事件が発生しています。私の知っている人もそうした事件の被害者です。

 ロシア全土共通ですが、民警(ミリツィア)が何も違反していないのに罰金だとか言って10$〜100$位金をかすめ取ろうとするたかり事件がひっきりなしに起きています。

 しかし、日本に比べればどこも危ないのであって、ウラジオが異常に危ないというわけではありません。スペインなんかウラジオより遙かに危ないと思います(確かマドリードでは毎月20人以上もの日本人がパスポート盗まれているらしい)。 

 

 

ウラジオの安全情報については、総領事館のページが充実しています。

 在ウラジオストク日本国総領事館の防犯マニュアルへ(邦人援護のページから入れます)

 

 −色々と見聞きした事件−

(ウラジオで)

(1)キュージョン事件

 ウラジオで極東大の寮に住んでいるとき、同じ寮にいた韓国人学生(キュージョン)が半殺し状態のフラフラで寮に帰ってきました。後で聞いた話では、街で知り合った若者に「飲もう」と誘われついていくと、倉庫のようなところに連れていかれ、仲間がワッと出てきて金品を盗られてあとはタコ殴りだったとか。彼の不注意と言ってしまえばそれまでですが、新しい友達ができるかもしれないという魅惑につい、という気持ちは分からないでもありません。その他にも別の韓国人がどこかのホテル(忘れた)から出てきたらいきなり強盗に会い、金を出せと脅されました。しかし、彼ら(2人)は「テコンドー」使いで無事撃退したそうです。

(2)ピストル強盗

 街の真ん中、極東大の真ん前(パクロフスキー・パルク停留所)で日本人教師が銃を突きつけられ、裏の公園に連れていかれてお金を取られました。

(3)車の部品ドロ

 スヴェトランスカヤ通り(メイン通り)に車を停めて床屋に行ってきたら、右前のウィンカーを盗まれました。今は盗難防止にライトやウィンカーのネジをパテで埋めて簡単に取られないようにしています。私の同僚も同じ場所で2回もウィンカーを盗られました。その他にも窓を割られて車の中のものを盗まれたり、カーオーディオ、ホイールキャップを盗まれたりと日本人もいろいろ被害にあっています。私の住むアパートではまるごと車も盗まれました。

 2000年年末、市場の近くに車を停め買い物をして戻ってきたら、ランクルの後ろに付けてあるスペアタイヤをロックしているカギが外されていました。もう少し遅かったら盗られてました。

 市場もスヴェトランスカヤ通りも人通りがすごく多いのにどうやって盗んでいるんでしょう?油断禁物ですね。

(4)殺人事件等

 ご存知かと思いますが1999年に日本人の女性が強盗殺人事件の被害者となりました。昔から知っている人だったのでかなりショックな出来事でした。これ以外にも知り合いが殺された、行方不明になった、焼死したと日本であまり聞かないことを耳にします。

(ハバロフスクで)

(1)グルジア人

 ハバロに来て数日目にグルジア人たちと知り合いました。彼らも同じ寮(ハバロ教育大)に住んでおり一人は医科大に留学していると言っていました。見た目がかなり怪しいので僕は彼らと関わり合いになりたくないなと思い、誘われても一緒に遊びに行ったりしませんでした。他方で僕と一緒に来た同僚は「人を見かけで判断するもんじゃない」といい彼らと仲良くなっていきました。同僚や寮のおばさん達も問題なく楽しくつきあっているようなので、「人を見かけで判断するもんじゃない」なと僕も少しずつ彼らと仲良くなっていきました。帰国の少し前に彼らの部屋で一緒に飲みましたが、その日はとても盛り上がり、ハバロに留学した3ヶ月の中で一番楽しい日となりました。次の日の朝、マウンテンパーカー(財布入り)を彼らの部屋に忘れたことに気付き、取りに行くと「ないよ。持って帰ったよ。」とのこと。他の日本人の部屋に忘れたかなと思い行くと、彼は「財布の中身がなくなっている...」、後は警察を呼んだりと、楽しかった思い出が一瞬のうちに崩れ去りました。これまでグルジア人達は僕がお菓子を持って遊びに行くと次の日には昨日のお返し、ともっとたくさんのお菓子を持ってきてくれたりして、「律儀だなぁ、怪しい奴だと疑ってすまん。」と心の中で謝っていたのに。やっぱり、見た目のママでした。ハハハ。

 私がロシアで得た教訓、「人を見かけで判断してはいけなくない。人は見かけどおりだ!」

(2)バス

 夕刻、帰宅途中、バスの中で突然2人組ロシア人若者の1人が暴れ出し(ヤク中か酔っぱらいか?)、「バスを止めろー!」と運転手の後ろの窓をガンガンガンガン殴り始め、もう一人の若者は制止しようとしますがだめです、激しく暴れています。運転手も怒り出し、外に出れないようにバスの扉をロックし、なんと循環ルートをそれて別の道を走り始めました。困ったのは若者と一緒に隔離された私とその他乗客4,5名です。若者は扉、窓を蹴る、殴るとエキサイトしています。「おいおい勘弁してくれ〜」と凍りついた空気の中、バスはようやくある建物の前で停止しました。警察でした。運転手は警察官を呼び、若者は連行されていきました。バスは元のルートに引き返し何事もなかったかのように走り始めました。うぅ〜ん。ちょっと怖かった。

(3)車盗難

 ハバロの某商社、95年頃、商品のランクル(確か)を5台だったか6台盗まれていました。気の毒すぎ〜。

(ロシア人の中国人(アジア人)嫌い)

 確かに中国人はマナーが悪い。それは事実。どこに行っても周りのこと考えずに大声でしゃべりまくってるし、教会でツバ吐いたりするし(我々はそんなことしませんよね)。ただ、中露は国境を接しており、さまざまな問題を抱えています。中国人の不法滞在や犯罪も多く、新聞等マスコミの論調も中国人には厳しい。だから、一般市民の感情が悪化してしまうのかもしれません。

(1)トランバイで

 ある日本人教師のご夫妻がトランバイで帰宅中のこと、ロシア人若者がわけもなく奥さんの頭を「中国人、中国人」小突き始めた。当然旦那さんは止めろ止めろと制したが、結局ケンカに。旦那さんは後に某N市でボクシング社会人チャンピオンになった人なのでなんとか撃沈しました。しかし、他の乗客に出て行けと言われ、そのロシア人共々トランバイを追い出されたそうです。ひどい話です。

(2)市場で

 市場を歩いていると、通りすがりのロシア人若者に「中国に帰れ」と言われました。3秒くらい経ってから「俺のこと?」と気付きました。なぜか「チュクチ(ロシア北部に住む少数民族。バカということになっている)」と言われ小馬鹿にされたこともあります。僕って何者?

(3)町中で

 何か意味不明の言葉(たぶん中国語かそのモノマネ)で我々日本人数人を小馬鹿にするロシア人若者。我々が日本人だと分かると「すまない。俺はおまえ達を中国人と間違えてしまった。許してくれ。」と手を胸に当てて真面目に謝ります。なんだ、それ!

(4)トロリーバスで

 市場の近くから我々日本人4人がトロリーバスに乗ろうとしたら、若者集団に「オメーらなんか乗るんじゃねー」と乗せてもらえなかったこともありました。

(5)ハバロフスク教育大で

 大学の先生(外国人にロシア語を教えている)なのに「中国人学生は、窓からゴミを捨てたりして汚い。彼らが来てから大学が汚くなった」等と言っていました。実際に窓からゴミを捨てるのはロシア人学生がほとんどなので反論しておきましたが。中国人学生のみが住む教育大の寮の階の扉には、「Fack You(スペル間違い)」と落書きがされていました。

 校舎の前で友達を話しているとき、女子学生が突然扉を開けて「チーナ、チーナ(中国<china>のことか)、なんたらかんたら」とヘラヘラ笑いながら小馬鹿にした後、扉をバタンと閉められました。ロシアに来たばかりで細かいところまで何を言っていたのかはよくわかりませんでしたが、馬鹿にされていたことはよ〜くわかり友達と憤慨しました。

(サハリンで)

 極東の中でも最悪なところ。それはサハリン。生活環境も最低。治安も最低。気候も最悪。

 01年夏、総領事館の公用車盗まれたそうです。総領事館員の私用運転手、殺されたそうです。

 冬、飛行機はまともに飛びません。遅れ、欠航、あたりまえ。

 

 まあ、こうした問題はロシアに限ったことではなくて、世界のどこにでもあることなんだろうとは思いますが。