市内の風景

 

●夜景

 東洋のサンフランシスコと言われているウラジオストクの夜景です。近くにケーブルカーの駅があります。もっと高い場所から金閣湾を望むとより美しい夜景が見れます。夜景は一見の価値あり!

 

 

●美しい建物

 

いづれ。

 

●美しくない建物(我が家8階からの眺め)

 上に立っている建物は大学の寮等です。ロシアの建物(ソ連時代)はこういった味も素っ気もない建物が多いです。もちろん帝政ロシア時代に建てられたものには素晴らしいものもたくさんありますが...建物の中身も外観と比例してイマイチで、ちゃんと閉まらない窓やたまに爆発する電球等々面白い物があります。

●公害

 市内を走る車の8割くらいは日本車です。概して旧モデルが多くメンテナンス状況も悪いので、排気ガスがすごい。夏は市の中心にいると気分が悪くなることもありました。右の画像はウラジオストク郊外のゴミ捨て場です。誰かが火をつけるのか燃えています。ダイオキシン出まくりですね。下水も海に垂れ流しです。ウラジオの下水処理率は確か7%だそうです。93%は未処理ってことですよ。ゴミの分別などありません。ロシア人もそろそろ未来の事を考えなくてはならないときでしょう。ロシア人は公害には無頓着のようですが、自然保護(動植物保護)の方面の環境問題には熱心で自然保護区の規制も厳しく、人々の関心も高いようです。ウラジオストクには潜水艦(原潜じゃなくて普通のです。原潜は別の町にあります)も捨ててあります。

●夏のウラジオ

  そのうち...

●雪のウラジオ

 ウラジオの冬。寒く長いけど楽しみもたくさん。

●Y2K問題(2000年1月1日に何が起こったか)

 ロシアの核が〜〜〜〜〜!

●シベリア鉄道

 シベリア鉄道の起点ウラジオストク。