下水逆流

 

 00年2月中旬の休暇明け、ウラジオに戻って3日目の土曜夜1時半頃、私は妻の叫び声で、うたた寝から目が覚めた。

 何事かとあわててベットから起きあがった。う、足下が濡れている。どうやら浴室から水が漏れているようだ。

 妻はシャワーを浴びて浴槽から出たが、辺り一面が水浸しであることに気付き、思わず叫び声を上げたのである。

 調べるとシャワーで流した水が洗濯機から繋いでいる排水溝から逆流していることがわかった。その水は寝室まで流れ込んでいた。眠気は一気に覚め、あわてて妻とともに水を拭く。2時半頃になり、ようやく作業は終わった。すっかり目が冴えてしまった。結局5時まで眠れない。明日は朝から楽しみにしていた凍った海での穴釣りだというのに。

 7時だ。もう起きなくては。浴室の下水口は詰まっているので、シャワーはあきらめ、台所で頭を洗う。

 「あ、う○こがしたい。」と自然な欲求に襲われる。トイレは浴室にあり下水口は同じだ。しかし、我慢は出来ない。排便をすます。下水管は完全に詰まったわけではなさそうなので、水道からバケツで少しずつ水を流しう○こを流す。完全に流れはしないがしかたがない。

 8時半、大家に苦情を言いに行く。今日は日曜なので、どうせ何もしてくれないだろうと半ばあきらめ気分。しかし、大家は、すぐ配管工を呼ぶと言う。どうやら配管工は常駐しているらしい。さすが建物が大学の敷地内にあるだけのことはある。

 配管工が来た。25歳くらいだろうか、やけに頼もしく見える。釣りには遅れて参加することにして、修繕を見守ることとする。

 彼は現場を見るとすぐに道具を取りに行くといって出ていった。5分後、戻って来た彼の手にはフィーダー線(TVのアンテナからつながっているやつ)があった。

 これでいったい何をするんだと不審に思っていると。彼はおもむろにそれを下水口に突っ込み、詰まっている物を掻き出し始めた。なんだ、そんなことに使うのか...

 作業は順調に進んでいるようなので、私は部屋に戻り読書を始めた。何度かトイレ、洗面を流す音がした。

 しばらくすると「よし、もう大丈夫だ。詰まりは直った」と、彼の声。

 確認に行くと確かに下水道の詰まりは直っている。

 しかし、しかしである。浴室内は、さきほと私が流しきれなかった「う○こ、トイレットペーパー等が水に溶けた何ともいえない香りのする薄茶色の液体まみれ」になっている。どうやら、彼は詰まりが直ったかどうか確認するために何回も水を流していたようだ。後のことは考えずに...

 呆然とする我々夫婦を後目に、彼は道具を片づけ我が家を後にした。彼の顔は一仕事を終えた男のなんともいえぬ充実感に溢れていた。

 妻はバケツに濃いめに漂白剤を入れると、雑巾で汚水を吸い取り、淡々とバケツに捨てていく。しかし、この薄茶色の液体は基本的に私の体内で製造された物だ。作業を交代する。

 黙々と「う○こ水」をふき取る。なんともいえぬ香りが鼻をつく。でも、なんか懐かしい香りだ。後ろで妻が「トイレ我慢してヒュンダイホテルまで行ってすれば良かったのに」と理不尽なことを言う(朝っぱらから車でホテルへう○こへ行くわけねえだろ!)

 私が一通りふき取ると、仕上げは妻がやるといい、漂白剤を染み込ませたきれいな雑巾で浴室内を吹いていく。

 ようやくすべての作業が終了した。浴室内は漂白剤の香りが強く残っている。消毒済みってとこだろうか。

 長い一日が終わったような気がしたが、まだ10時なので釣りに行くこととする。

 玄関を出るとき、「帰りに新しい雑巾を買ってきて」と妻の声が聞こえた。

★今回の被害

物 的 損 害 :雑巾3枚、バスマット1枚、ゴム手袋1組、スリッパ3足

精神的損害:日本に帰りたい度15ポイントアップ

 

TOPへ