行列のできる店

 

アイス屋

 オケアンスキー・プロスペクト、行政府近くにあるアイスクリーム屋さん。いつも行列になっており、気になっていたので2001年7月7日、並んで買いました。行列は5m位でした(右の写真は18:00位なのでかなり短くなっていますが、長い時は10mいってます)。しかし、遅い。たこ焼き屋じゃないんだから調理しているわけでもないのに30分位かかってやっと順番が来ました。
 なぜ、たかがアイスを買うのにこんなにも時間がかかるのか?

 それはアイスをグラム売りしているからです。客は買うときに2個とか3個と言って注文しますが、お店のお兄さんはアイスをコーンに入れて、おねーさんがそれを量ります。そして100gなんとかルーブルだからと計算をしているから時間が異常にかかるのです。
 律儀といえば律儀ですが、10gや20g違っても別に良いような気もします。それよりもパパッとした方が客の回転が上がり、店としても効率がよいはずですし、客の満足度もアップします。ま、そのうち気が付くことでしょう。

 写真で見るとあまり大きく見えませんが(実際少し食べた後だし)、かなりでかいです。これは2個入れ(ダブル)でお腹一杯という感じ。1つ50円位でした。う〜ん、安い。

 で、肝心の味の方はといえば、「おおっ、コーン(?)はサクサク、パリパリでとってもおいしい!」、アイスはオレンジ色とピンク色の2種類で、「おいしくないっ!」