交通事故

 

 3月始め、帰宅途中に交通事故を目撃しました。

 グム・デパートの前でおじさんが横断歩道を渡ろうと歩き出したら、反対側からゆっくりと来る乗用車が停まらずに軽くはねてしまいました。おじさんはボンネットに乗り上げ、そのまま道路に落ちました。まさに目の前だったので私はちょっと動揺しました。

 しかし、凄いのはここからです。

 そのはねた車は「邪魔だ、おっさん」と言う雰囲気で、倒れているおじさんを完全に無視して、その横を通り過ぎて行きました。おじさんもよろよろと立ち上がると、足を引きずりつつ、ふらつきながらも、あたかも何事もなかったかのようにそのまま横断歩道を歩き始めました。

 さらに笑える(?)ことに、

 おじさんはふらついているので若者にぶつかりました。その若者も事故現場を見ていただろうに、「気をつけてよ、おじさん」と言う感じで、押しのけて行ってしまいました。

   うーん、凄いぞウラジオ。

   ウラジオは交通事故がとっても多くて危険です。

 2000年1月、家の手前でトロリーバスにぶつかって死んでるおばさんを見ました。

 2月、建物に住み着いていた猫が近所で轢かれました。

 3月、これまた家の近くでおばさんが乗用車に轢かれて(多分)死んでました。

 うーん、怖いぞウラジオ。冗談抜きでウラジオに来てからこの1年で轢かれて血を流して倒れている(多分死んでる)人を3,4人見ました。交通事故はもう数えきれないくらい見たので、ただ衝突しているくらいだと、「ああ、ぶつかっているな」位にしか感じなくなりました。いちばん多く目撃した日は20キロくらい走っている間に4つだったか5つ事故がありました。

 こちらの運転マナーは最悪です。「突っ込んだ者勝ち」というおそらく交通法規より優先する暗黙のルールがあります。ラッシュ時の運転はどきどきです。自分のいるほうが優先道路のはずなのに、なんで突っ込んで来るんだろう?なんでクラクション鳴らされるんだろう?自分が間違っているのかなぁ?と最初は悩みました。今でも「突っ込んだ者勝ち」ルールになかなか慣れることができません。度胸が必要です。(もちろん道を譲ってくれるマナーの良いドライバーもいますが)

 対向車が突然車線をはみ出してくるなんてこともよくあります。道路に穴が開いてたりマンホールの蓋が無かったりで急ハンドルを切るのです。いつの間にか私はマンホールの穴を避けるのに、左輪と右輪の間を通してクリアする高等テクを身につけました。以前郊外の田舎道を走っていると工事で3m(縦)×2m(横)×1m(深さ)位の巨大な穴が開いていました。しかし標識も案内も何も出ておらず、穴の10メートル位先にトラックが停まっているだけでした。穴に気が付くのが遅れて、急ハンドルを切って道路から林に突っ込んだと思われる車がありました(田舎道はみんな100キロくらいで走る)。我々は昼間だったこともあり気が付きましたが(でも危なかった)、「なんだこれはー!」と激怒しながら通り過ぎました。

 

TOPへ