カリーニングラード

 ロシアの飛び地、カリーニングラード。行って来ました。リトアニアとポーランドにはさまれています。ウラジオからは遠かった...

 ガイド的なことが知りたい方はリンクのページのIn Your Pocketでも見て下さい。英語ですがいい情報が揃っています。

1.カリーニングラードって?

 カリーニングラード市街は、第2次世界大戦で大打撃をうけたが、旧ソ連時代の総合都市計画によって再建された。かつてはケーニヒスベルクとよばれ、戦略上重要な場所に位置することから、ドイツ騎士修道会、プロイセン、ソ連と、めまぐるしく領有権がうつってきた。現在はロシア連邦の飛び領土で、周りをリトアニアとポーランドにかこまれている。市内には、1255年に建造された城館や14世紀の大聖堂などの歴史的建造物がのこっている。

ということです。

 

(カント教会を望む橋より)

(カリーニングラード国立大学)


2.カリーニングラードといえば?

(1)カント
 カリーニングラードといえば、カント Immanuel Kant(17241804)ですね。ご存じドイツ啓蒙期の哲学者。「純粋理性批判」、哲学の時間に習いましたね。それよりも時間に正確な人ということしか覚えていません。いつも同じ時間に散歩をするので時計がわりになったとか、そんな話でしたね。
 というわけでカント物がそこら中にあります。カント教会、カント博物館、カント像にカントの碑。日本だったらカント饅頭があったでしょう。

 

 

(カントの碑)

(カント像):カリーニングラード大学

(カントのデスマスク):カント教会


(2)琥珀

 世界の琥珀産出量のうち90%をここカリーニングラードで採れます。市民のうち4分1が琥珀関係の仕事に従事しているとか。
 琥珀美術館や琥珀専門店が数多くありました。さっそく、色々訪れようと足を運びましたが、私が訪れた日はちょうどメーデー店も美術館もすべてお休み。私が帰る日まで休みとのことでした...

 右は琥珀美術館です。昔は要塞の一部だったのでしょう。(くそー、入りたかった。6000点もの展示品があるとか) 


3.感想

 なかなかきれいな良い街でした。ちょっとドイツ風で。郊外の一軒家は素敵なデザインのものが多く、町の中心部のソ連的な街並みと違っていい感じでした。郊外は戦争で破壊されなかったのでしょう。
 タクシーの運転手等と話すと、ドイツの資本がかなり入り込んでおり、ドイツかが進んでいるとのことでしたが、道路を補修する機械以外は別にどこがドイツなのかわかりませんでした。店の商品もロシアっぽいものばかりだし。市場は汚く不潔。ロシア極東を思い出しました。


 だらけきった犬がどこにいてもいるのが不思議でした。バス停、公園、道端とあらゆるところに犬が人間を恐れることなく寝ています。バス停にいた犬は歩道との段差を枕に爆睡していました。下の犬はカント教会の前にいた同じ犬ですが最初は死んでいるのかなと思ったくらい豪快に寝ていました。
 犬が安心して眠れる安全な(?)街なのでしょうか。本当にたくさんのだらけて寝ている犬を見ました。ぜひ、見に行って下さい。本当に犬は寝ているのです。そこら中のバス停で...