森のレストラン

 リェスナーヤ・ザイームカ(森の村?)というウラジオストク市街と空港の中間くらいにあるレストランに行って来ました。ここは熊、イノシシ、鹿、うずら等の肉を食べさせてくれます。もちろん普通のロシア料理もあります。

 つい最近(多分2000年1月頃)新装オープンしたばかりで山小屋風の雰囲気の良いお店です。ウラジオストクを訪れたら、ぜひ足を運んでみて下さい。市街からは遠いので空港へ向かう途中にでも、寄ったらいいと思います(通り道沿いにあります)。

 

 

 

(左から:熊のスペアリブ(シャシリク)、鹿肉の木イチゴ(名前は忘れた。マリーナではないイチゴ系。)ソース、ウズラのなんとか。いずれも食べかけなので本物はもっと量が多いです。)

熊:獣臭さもほとんど無く肉も軟らかい

鹿:少し甘めのベリー系のソースがおいしい。重厚な味。これはいけると思う。

ウズラ:バリバリとした鳥って感じだそうです(私は食べてないので聞いたまま)。

 この他にもイノシシ等がメニューにありますが、今日はイノシシはありませんでした。オードブルも他のレストランでは味わえないものがあり、とても気に入りました。