ウラジオの肉市場

 

 ウラジオに肉市場はたくさんあります。今回はその中でも一番最悪な市場をご紹介しましょう。ルガバヤの市場です。スヴェトランスカヤ通りの一番端にあるところです。ハエラーメンでも紹介したあそこです。

 先日、妻が豚カツを作ろうと豚肉を買いに行きました。そこでは切り口が見えるように肉ブロックが並べられています。妻は切り口を見ながら、豚カツに向いた良質の肉を探しています。

 おっと、ありました。筋が少なくうまそうな肉を購入しました。

 家に帰って解凍してから豚カツを作り始めます。

 包丁を入れようとすると、切り口の一枚だけすでに肉が切ってあります。

 よくよく見てみると、見た目も美しくうまそうな肉一切れが肉のブロックに貼り付けてあり、残りの95%を占める本体はもっと質の悪い肉であることが発覚しました。冷凍してぴったりくっつけてあるのでまったく気が付かなかったそうです。

 見事な手口に脱帽しました。「自分の店の信用度を全く考えていない」超短期的な視点から見れば見事な戦略です。

 

 ルガバヤ市場、そこは資本主義の実験場であり、そしてHP用のネタ収集のためには最高の場所でもある...

 

(追伸)妻は、肉を買った直後、ある男が七面鳥丸一体を盗んで逃げたものの、売場のおばちゃんの「泥棒だ〜!」という激しい声に市場出口で肉を捨てて逃走するという寸劇を目撃したそうです。