アウトドアな遊び

●釣り

 川釣りに行くと、ヤマメ、イワナ、ハリウス、桜鱒等々が釣れます。大きな川に行けばイトウ、鮭等も釣れます(僕は釣ったことありませんが)。私はルアー派なのであまり釣れません。最近改宗して餌釣りも始めました。ヤマメなんかボコボコ面白いように釣れます。餌は石をひっくり返して川虫を使ってます。ロシア人のガキは木の枝を竿に使ってますがそれでも釣れます。

 海釣りだと、カレイ等が釣れます。凍った海の上ではワカサギ系の魚(キュウリウオ)が釣れます。

 楽しい!

 

●川下り

 ロシアにはたくさんの大きな川があります。ゴムボートやカヤックで下ります。真ん中の画像の船はロシア伝統の2人乗りの乗馬式のカヤックだそうです(もちろん自作)。以前アメリカ人が来たときにこれを見て、特許は出願済みかと聞いたそうで、そんなものはないと答えたら、次の年早速アメリカ人が改良版を製品化したそうです。

 釣りをしながらのんびり下ったり、いいですね。自然は。初めて連れていってもらったときは、オールの先端の板だけ持ってきて棒(柄)の部分は木をナイフで削って作りました。ゴムボートは船備え付けの救命ボートの払い下げだそうです。ロシア科学アカデミー地政学協会の関係の人達等と一緒に。

 

 95年5月始めに川下りに行ったとき、その年は春が来るのが遅かったとかで川はまだ凍っていました。そこで氷の溶けているところまで、ゴムボート(30キロ)を頭の上に載せて山の中を歩き、そこからスタートしました。しかし、数キロ行くとまた川は凍っており、またボートを担いで山を登って下りて、それからリュック等を取りに戻ってと、「3歩進んで2歩下がる」と、この過酷な労働を川が凍っているたびに繰り返し、10日かけてのんびりと200キロ川を下る予定のところ、結局50キロ位しか進めませんでした。そのうち半分以上はボートを担いで山を歩きました。

 メチャメチャつらかった。
 一緒に行った韓国人の友達に「軍隊のようにつらい」と嘆いたら、「いや、軍隊はもっとつらい」とあっさりと言われてしまいました。さすが一度徴兵されてるだけあります。彼は文句も言わず淡々と頑張っていました。

 なかなか厳しい旅でしたが、テントの中に焼いた石を置き、水をかけて入る簡易サウナ、古木を切り倒して薪を作ることなど、非常に味わい深いことばかりでした。自然の中でのロシア人の知恵には感心させられるばかりでした。

 

 

 またがり式ゴムボート。ロシアの伝統的なボートだそうですが、かつてアメリカのアウトドア会社の人が来たときに、「このボート、特許は取っているのか」と聞かれ、「そんなものあるわけない」と答えたら、翌年アメリカのメーカーからより改良されて乗りやすくなったボートが発売されていたそうです。

●ダニ

 ロシアの自然につきものといえば蚊とダニです。ダニは脳炎ダニというもので、このダニのうちの何割かが脳炎ウィルスを持っており、咬まれた人の10%位が発病します。最悪、死亡。1ヶ月入院なんてこともよくあるそうで、かなり重い病気です。雷波少年のブルームも咬まれたあれです。私の知り合いも子供の頃噛まれて死にそうになったそうです。大笑いしたら笑い事じゃないと怒られました。

 ダニと言ってもテントウムシと同じくらいで、初めて見たときはテントウムシだと思いました(右の画像)。平たくなったテントウムシという感じでしょうか。足は8本(確か)。野山に行けばそこら中にいます。実は私も2度噛まれたことがあり、一度目は上記川下りの時、なんか胸のところが痛いな、リュックの紐ずれかなと触るとポコッと何かあります。よくよく見てみると、私の皮膚にダニが体半分突っ込んで腹パンパンに血を吸っている〜!焦って引っ張りましたがなかなか取れず、ようやく引っこ抜きましたが、後で聞くと下手に抜くとダニの頭が体に残ってしまうので針と糸を使って取るのがよいとのことでした。ダニに噛まれたとロシア人に言うと「大丈夫、大丈夫。運が悪くない限り問題ない」と。結局、運良くなんともありませんでした。

 

 

 

 00年6月にもキャンプをしていて手を咬まれました。不意に痛みを感じ手を見ると、ダニが皮膚に噛みつき、くるくる回りながら穴を開けている途中でした。今回は知識も増えているので、咬んだダニを捕まえペットボトルに入れて持ち帰り、翌日病院へ行きました。ラゾ(地名)のダニはウィルスの保有率が高いので、すぐに抗体注射する、とお尻に注射を打たれました(72時間以内に打たないといけない)。それから保健所のようなところでダニ本体と僕の血液の検査をしました。結局、ダニはウィルスを持っておらず(左の画像はダニ本体の検査結果)、僕の血液検査の結果もダニ脳炎予防接種のおかげで抗体が付いているので大丈夫と、一安心でした。
 ただ、何となくドキドキと不安な一日を過ごしました。

 噛まれたら運命を天にまかせず即病院に行きましょう!

●冬の遊び

 冬は歩くスキー、凍った海での穴釣り等結構遊べます。歩くスキーも凍った川の上を爆走したり(すごいスピードが出て爽快。ただし止まれない。)、山を散策したりと気持ちいい。川が凍る前ならダーチャでサウナに入り、アツアツになったところで「こっちを見るなよ。女性達!」と叫びながら素っ裸で凍りかけの小川に飛び込み、急速冷凍。意味もなく川の中で腕立て伏せしたりとウォッカも入って最高にいい気持ちです。ただし、酒飲んで、サウナで血圧あげて、冷水に飛び込むとは、健康面ではかなり危険な荒技。

●がんばれランクル

 日本で活躍する場はほとんどない車ですが、ここロシアでランドクルーザーは大活躍。行け行け、ランクル。右は酷使され寿命間近な某ランクル。今日は釣りだ。明日はキャンプだ。