買春おやじ

 ロシア極東には、買春おやじがたくさんやってきます。ツアーでやってくるんです。滞在中はホテルにず〜っと籠もっているそうです。ウラジオでもよくみかけますし、ハバロに行ったときもインツーリストホテルにいました。

(実例1)
 朝、ホテルのレストランで食事をとっていると、隣のおじさん達の団体、

 「昨日はどうでしたか」

 「いや〜、もうまいちゃったよ。○○○を△△△して□□□でさ〜。がははははー。」(記号の部分は適当に想像して下さい。)

(実例2)
ヒュンダイ・ホテルのロビーにて、おじさんが通訳を通じて日本語で、

 「サオのマッ○ージね」(顔(カオ)ではなかった)...

 しかし、「サオのマッ○ージ」はないだろうという気がします。 こんなの通訳する人は気の毒です。

 

 うー、最悪。これこそ日本の恥。

 日本から最も近く、(多分)安く、白人系と★★★できるスポットなのでしょうがどうにかしてもらいたいものです。

 日本語を勉強している大学生が通訳のアルバイトにかり出されたものの、仕事は女性との交渉だったりして、衝撃を受けて帰ってきたなんて話を聞きました。