衝撃ハエラーメン

 

 妻がラーメンを作ってくれました。日本から持ってきた塩ラーメンに挽肉と野菜の炒めがのせてありました。牛:豚(7:3)の市場で買った挽肉です。牛肉を炒める良い香りが漂ってきます。

 いただきます。インスタント・ラーメンとは思えない上品な味です。腹が減っているので夢中になって食べます。

 おっと、丼に小バエが一匹浮かんでいます。調理の時に入ったんだなと取り除いて食べ続けます。あれ、また一匹いる。妻も私のも一匹いると、で、丼をかき回してみるとまた、一匹浮かんできました。妻も合計3匹発見しました。なんでこんなにハエが...

 材料は、塩ラーメン、挽肉、タマネギ、白菜だけです。そうです。犯人は挽肉です。挽肉はルガバヤの市場で、冷凍で1キロずつビニールに入れて売られており、そのまま我が家の冷蔵庫の冷凍室に保管されていました。先程、ビニール袋のまま解凍され、すぐフライパンの中へ投入されました。

 つまり、肉屋で挽肉を作る段階で小バエ君達も一緒に練ってしまったか、肉にたかっているハエをそのまま袋詰めにしたのですね。きっと...

 もういいよ。こういうこともあるよ。多分何匹かは食べたよ。でも、熱湯消毒されているからね。平気さ。

 ただ、ひとつだけ最後のお願い。この小バエ君達は肉の中で羽化したものじゃないよね。