ウラジオへの旅行・滞在

 

1.ウラジオってどこ?

 

2.ウラジオへのアクセス

(1)航空便スケジュール

●夏時間(2001年3月25日〜10月27日)

新潟:木、日)夏時間
 14:50 ウラジオストク発(XF807)
 14:15 新潟着
 15:40 新潟発(XF808)
 19:10 ウラジオストク着

(機体はTU-154です。100人以上乗れます。所要時間1時間20分程度)

富山:水、土)夏時間
 13:20 ウラジオストク発(XF839)
 14:00 富山着
 14:40 富山発(XF840)
 19:20 ウラジオストク着

(機体:YAK-40。少ししか(26人だっけ?)乗れません。所要時間2時間40分程度。関空便が定期になると来年あたりこの便はなくなるのでは?)

関西空港:火、金)夏期のみ7月20日〜?
 12:30 ウラジオストク発(XF805)
 12:40 関空着
 13:55 関空発(XF806)
 18:05 ウラジオストク着
(機体は多分TU-154。所要時間2時間10分程度。定期便になるらしいとの話あり。

●冬時間(ちなみに昨年のデータ)
(新潟)
 13:50 ウラジオストク発
 14:15 新潟着
 15:40 新潟発
 18:10 ウラジオストク着
(富山)冬時間
 12:20 ウラジオストク発
 14:00 富山着
 14:40 富山発
 18:20 ウラジオストク着

(2)市内へのアクセス

 空港から市内へは40キロ位です。早くて車で40分。

 ウラジオ空港に着いたらまず両替をしたいところですが、その時間銀行は既に閉まっています(ちなみに帰りも日曜の場合(新潟便)は銀行お休み)。つまり、バスには乗れないということですので、おとなしく足を手配してから来ましょう。空港で白タクを探しても50〜100$です(50$はもうムリかな)。日本で手配するのとそう変わりません。危険を冒すのは止めましょう。

 ルーブルを持っているのならバスで市内に行けなくもありませんが、空港からバスだと1時間くらいの町はずれのフタラーヤ・リェーチカ市場の近くのさびれたバス・ターミナルに着きます。そこから市の中心までトロリーバスやバスなら余裕で30分以上かかります。運良く電車があれば15分くらいか(本数は少ない)。安いという以外なんのメリットもありません(アクフェス西洋に泊まるなら近いのでそれでも良いかも)。いずれにせよ初心者には危険。冒険は止めましょう。
 私は空港からバスでも電車で帰ったことがありますが、荷物を持っての移動は疲れるだけです。電車の時は結局3時間くらいかかりました。駅まで歩いて30分〜1時間(覚えていないが相当遠い)、駅で待たされて2時間。電車で30分くらいだったかな?やめましょう。

 帰りも日曜(土曜は不明)は銀行休みです(新潟便注意)。ロシアはルーブル持ち出し禁止です。荷物の重量が超過しない人はあまったお金は空港へ行く前に必要最小限だけ残して円・ドルに戻しておきましょう。ルーブルは見つかれば税関で没収されます。円ドルも正当な理由がない限り(多分書類が必要)入国時より増えていると問題です。ロシア入国時、税関申請書には金額は正確に書きましょう。昔、数百円でも違っていると税関職員に怒られました(数百円だったので怒られただけですみました)。出国時は入国の時より細かく調べることが多いようですので気をつけて下さい。

 最近、この問題(申告をしない)でひどい目に遭っている人がたくさんいます。マジでちゃんとやりましょう。何百万も没収された人いますよ。

 空港に免税店、「まともな」お土産屋はありません。市内で全部買いましょう。最後に空港でという考えは捨てて下さい。

 

 ウラジオは房総半島の先っぽにあるというとイメージが湧くでしょうか。空港(アルチョム(アルテム))はその付け根にあります。ウラジオは不便な場所にあるのです。実は。

 

3.ウラジオの見所

 僕の個人的お薦めです。

(1)要塞博物館

 博物館自体はまったくたいしたことありませんが、12時の時報を空砲で鳴らします。ぜひ、「すぐ近く」で見て下さい。あまりの大音響にビビリます。12時少し前に行かないと全く意味はありません。空砲の薬莢を売っています(ただし前日の物)。日露戦争の少し前に作られた要塞です。

 
 

(2)捨てられた潜水艦

 チュルキン(中心部の反対側)のルースキー島側に潜水艦がいくつか錆びて捨てられています。最初は例の放置された原潜かと思って焦りました。行くのは車がないとムリです。

 写真は日本においてきてしまった...
 

(3)日本人墓地

 右は空港近くにある日本人墓地です。
 心ない者により慰霊碑が斧か何かで削られています(右)。周りを囲っていた柵も一部無くなっています(左下)。去年はあったのに...柵は鉄くずとして売られたか誰かのダーチャの囲いにでもなったのでしょう(今現在アルチョム市役所により修復されたようです(ありがとう))。アルチョムの日本人墓地は遺骨収集が終了してなくなりました。

 

 

 (4)ロシア人墓地
 チュルキン(海の墓)にはマフィアの墓や潜水艦の事故で亡くなった軍人の墓、交通事故で亡くなった音楽家の墓等、我々の感性と違うド派手な墓があります。マフィアのボスの墓は巨大なその人物が透かし彫りになっています。
 ただし、厳粛な気持ちで訪れましょう。観光気分で行くのはマズイかもしれません。近くに上とは別の日本人墓地もあります。

 有名なマフィアだったミホの墓です。たしかヒュンダイ・ホテルで撃たれて亡くなりました。  ミホの墓のすぐ隣にありました。多分マフィアの墓なのでしょう。ちがったらごめんなさい。道路に面した一等地はこうした雰囲気の墓が多いです。
 

(5)太平洋艦隊の船
 旧型の艦艇ばかりですが一応軍艦が停泊しています。太平洋艦隊本部の前(中央広場)です。

 

(6)ルースキー島の要塞博物館
 
こちらは船で行かないと行けませんがなかなか迫力があります。

 (1)の要塞博物館の要塞もここも日露戦争当時に日本の侵攻に備えて作られたものだそうです。

  

4.時差

 夏は日本より2時間進んでいる(日本が12時ならウラジオは14時)。冬は日本より1時間進んでいる。(日本より西に位置しているのになぜか日本より早い?ウラジオの経度は大体広島と同じ。ちなみに緯度は札幌と大体同じ。)

5.気候・風土

 そのうち。

6.ウラジオへ来る人・住む人

 夏は日本、中国、韓国からたくさんの観光客が訪れます。中国からはバスでやって来ます。ウラジオストク・ホテルは中国人がたくさん宿泊しています。お土産物屋さんも中国からの旅行者でごった返しています。韓国人もかなりウラジオに来ています。日本人はそれにくらべてずっと少ないです。ウラジオ滞在者も100人位しかいません。留学生、総領事館、日本語教師、商社、マスコミでほとんどです(多い順です)。

 オフシーズンに来る人は「怪しいおじさんの団体」が多いです。先日、ヒュンダイホテル(当地で一番のホテル)のロビーにて、おじさんが通訳を通じて日本語で「サオのマッ○サージね」と言っている声が聞こえました(顔ではなかった)...

 ウラジオの話ではありませんが、昔、男3人でサンクトに旅行に行ったとき、ホテルでエレベーターに乗ると、ロビーにいた女の子達(多分10代後半)の集団から3人が一緒に入ってきて我々に「ダバイ、S○X」と声を掛けられました。メチャメチャかわいい子達だったので一瞬オオオッと思いましたが丁重にお断りしておきました(ちょっと後悔?)。どこも同じなのかも知れませんね。 

 しかし、「サオのマッ○ージ」はないだろうという気がします。 こんなの通訳する人は気の毒です。

 

7.ウラジオ長期滞在

(1)予防接種

 長期滞在の方はウラジオに来る前(及び来てから)以下の予防接種をすることをお薦めします(外務省の職員の例より)。間を開けて複数回接種する必要があるので早めに行動しましょう。

 ちょっとうる覚えのところがあるので自分で医者に確認して下さい。個人の予防接種歴によって違ってくるので注意。ちなみにこちらに滞在している人の全ての人が以下の予防接種をしているわけではありません。

@破傷風
 (確か)幼年時に予防接種を受けていれば1回のみ。

Aジフテリア
 1回。3種混合を幼年期に受けた人は不要なのかな(それとももう1回必要?)。

BA型・B型肝炎
 それぞれ間をおいて3回接種が必要ですので日本で打った後、ワクチンを持っていってこっちの病院で打ってもらいましょう。医療関係機関等で働いている人はすでに接種済みのはずですので1回でいいのかな。A型肝炎は当地の学校で集団発生したことがあります。

Cダニ脳炎
 最初に1ヶ月おいて2回。1年後にもう1回。現地の病院で予防接種して下さい。日本ではやっていません。別に打ってなくても、噛まれたらすぐ病院に行けばいいので不要かも。

 春先から秋頃にかけて野山にたくさんいるダニ(平面なてんとう虫みたいな奴):ダニの項をご参照)に噛まれ、そのダニが脳炎ウィルスを持っていると脳炎に罹ることがあります。この脳炎はかなり危険な病気で最悪死にます(確率はかなり低いものの毎年何人か沿海地方で死んでいます)。
 僕は今まで2回噛まれました。うちの妻も1回。初めて噛まれたときは予防接種も何もしておらす、病院にもいかず何もしませんでした。ロシア人が大丈夫、大丈夫と言っていたので...
 2回目に噛まれたときは病院に行き、検査をしました。僕の体には注射で抗体ができていました。よかった。

(2)以下 そのうち

 

 

 ↑ 「何かこういう情報を知りたい」ということがあったら掲示板かメールへリクエストをお願いします。随時増やしていきます。