雪のウラジオ

 2000年1月2,3日、ウラジオストクは大雪でした。20,30センチ積もりました。降り積もったあとはきれいですが、道路はそのまま圧雪されてガチガチに凍ってしまいます。ウラジオストクは坂が多い街なのでそこらじゅうでタイヤが空転したり、ぶつかったりと渋滞が激しくなります。普段家まで10分のところが1時間かかりました。

 ウラジオは-25℃位まで下がることがあります。風が吹くとかなり厳しいですが、ハバロフスク、イルクーツクに比べればまだまだです。-15℃位ならそんなに寒くないですよ、防寒着来て風が吹かなければ。ロシアは基本的に集中暖房なので暖房がちゃんと入ってさえいれば家の中は日本よりずっと暖かいです。外は-20℃、家の中は+25℃。毛皮のコートから半袖短パンに着替えるなんてこともあります。冬日本に帰ると家の中が寒くて「日本は寒い〜」と文句が出ます。

 2001年は何十年ぶりかの大寒波だそうです。夜は-30℃を下回る日もありました。寒さで車のエンジンがかかりません。毎日、ボンネットを開けて、スパナでエアダクトを開けて水分を蒸発させるスプレー(?)をエンジンにかけています。寒風吹きすさむ中でこの作業をするのはマジ辛いです。車が古いし(91年式ミニ・ランクル)ガソリン(軽油)の質が悪いのでなかなか点火しないのです。

 大寒波にエネルギー危機が重なって、家の中がとっても寒いと嘆いている(怒っている)市民が今年は特に多かったようです。家の中で焚き火をして火事になって亡くなった人が40人以上も出たとか。

 01年3月26日は久しぶりの雪でした。15センチくらい積もったようですがウラジオは坂がとっても多いので、雪の日の翌日はそこらじゅうで車が滑っています(人もね)。4輪駆動でない車が坂の途中で車輪が空転して動かず、渋滞を引き起こします。下りは止まらずにツツーッと行ってしまってコツンとぶつかって。あまりの渋滞に歩道を爆走する車が後を絶ちません。歩行者は怒って「車道を走れ」と怒鳴っています。先日、ランクルが歩道に突入していきました。しかし、雪にはまって歩道のど真ん中で収拾のつかない状況に陥っていました。

 右上の画像は海です。凍った海に雪が積もっています。この日はものすごい強風でした。

 なぜかはわかりませんが、市役所前に少し物騒な車両が止まっていました。(00年1月7日:ロシアのクリスマスの日)

 凍った海の上です。海側から灯台が見えます。ルースキー島の近く。釣り帰りのおじさん達がたくさんいました。毎年、氷が割れて車ごと海に沈んで亡くなる人がいるそうですが、みんなどんどん車で海の上を行きます。00年に釣りに行ったときは前を走っていたロシア人の車の前輪が氷の割れ目に落ちてしまったのでみんなで助けました。かつて私の同僚も海ではまったことがあるそうです。危ないですね。やはり。

 4月2日です。ウラジオはとっくに暖かくなりました。いまだに「大寒波お見舞い申し上げます」といった困ったメールが来たりします。部屋の中は暑いので今日から半袖短パンです。東京は既に桜が咲いているようですが、こっちも皆さんが思うほど寒くないですよ。