シベリア鉄道

ウラジオストク駅

 駅舎です。昔は薄緑色でした。

 ロシアで不思議だなと思うことは、突然建物の色を緑から黄色とか白からピンクに変えてしまうことです。駅の中も改装工事でとってもキレイになりシベリア鉄道の起点らしくなりました。

ウラジオからモスクワに向けてご存じシベリア鉄道が走っています。モスクワまで9,288kmの碑がウラジオストク駅にあります。(9288の数字が読めますか?)

 ウラジオストク−ハバロフスク間を結ぶ「オケアン」号が毎日運行されています。ウラ−ハバ間は800km位ですが、飛行機より電車の方が直接街の中心に着くので広く利用されているようです。

 01年7月、シベリア鉄道就航100周年の記念碑ができたようです。今度、撮ってきます。

 

オケアン号

 オケアン号の中です。食堂車内部(左)とコンパートメントの中においてある洗顔用のタオル。このタオルは購入することもできます。(買うつもりだったのに忘れてしまった。)


シベリア鉄道に乗るとき

 ご利用になるのは2人か4人乗りの個室でしょう。中はそんなに広くはないで
すが割と快適です。乗り込む前に駅前の売店街(車内販売のワゴンも一度回ってきますが割高。食堂車でも何か買えます。)で水やお菓子等を買うといいかも知れません。食堂車もあります(たいしたメニューはありません)。シャワーはありませ
ん。

 乗車時にチケットを見せて乗り込みますが、その後、車掌のおばさんがもう一度部屋にやって来ます。その際、毛布代として30ルーブルくらい支払う必要があります。確か紅茶はいかがと聞いてくるので飲むのもいいかも知れません(たぶん、まだやっていると思います。値段は安かった)。

 オケアン号ならハバロフスクに朝着きます。ハバロフスク到着が近づくと洗面所が混むので起きたら早めに利用する方がいいと思います。到着30分前になるとトイレ(洗面所)は使用できなくなりますので注意。

 滅多にないことですが、泥棒等に気をつけましょう。強盗に遭った学生を知っているので、気を抜かないことが肝心です。ギターを持ち込んで楽しく語ろうとしたのに、パスポート以外を押さえつけられて取られたとか(悪い意味で目立っていたのでしょう)。部屋の鍵はキチンと閉めましょう。部屋を離れるときは誰かが必ず残って荷物番をするように。実はその鍵も、何か特別な器具を使うと簡単に開いてしまいます。鍵が回らないようにストッパーのようなものを上に被せているロシア人を何回か見ました。まぁ、そのへんは普通にしていればきっと大丈夫でしょう。

 私がハバロフスクへ遊びに行ったときは、おばちゃん3人組と一緒になり、トランプをやるから一緒にやれと、初めて聞くゲーム(「バカ」というロシアでは超メジャーな遊び。貧民よりはおもしろいですよ。ロシアに来たら覚えましょう。)をウォッカをやらされました。みんなでウォッカを飲みつつ、「それ捨てちゃダメでしょ。」などとからかわれながら楽しく団らんしました。
 そのおばさん達は上質のキャビアを瓶詰めにして持参しており(多分自家製)、激山盛りにパンに載せて食べさせてくれました。ウマすぎ。極東で売っているキャビアは低質なものが多いのですが、これはふっくらとして粒の大きい非常においしいキャビアでした。その他自家製の酢漬け等も無理矢理口に押し込まれたりしながら、楽しい車中でのひとときを過ごしました。

 そんなときもあれば、スーツ姿のビジネスマン(?)ばかりでみんなひたすら静かに読書という時もありました。

 そういえば、現在、金正日、シベリア鉄道で来ていますね(01年8月)。