床屋へ行く

 

 ウラジオにもちろん床屋があります。今までに何回も行きましたが大体こんな感じです。

 値段−行くたびに違う。その時の髪の長さ、切った人が値段を決めているようなので毎回違います。同じ店でも安いときは90ルーブルくらい(350円くらい)、高いと150ルーブルくらい(600円くらい)で値段にかなり差があります。

 技術−概してイマイチ。今まで5,6軒の床屋に行ったことがありますが満足できるところはなかったです。個人の能力、感性、やる気によってまったく違ってきます。
 僕が最近よく行く店(スヴェトランスカヤ通りのチャイニードームとなりの2階)は5,6人くらい理容師がいてそのうち二人はどうしようもないほどレベルが低いです(おばちゃん)。若い人は結構まともです。

 日本と同じように頭を洗うときは洗面に前屈みになって洗ってもらいます。最初に頭を簡単に洗ってタオルで拭きつつ起きあがりますが、おばちゃんだと頭をよく拭かないので水がだらだら垂れてきて首筋を水が伝います。

 こちらの若者は短いカットにするのが流行っているのがスポーツ刈り(?)の人がたくさんいます。だから、すぐバリカンを使いたがるのがこちらの床屋の特徴だと思います(早いしね)。

 注意してどういう風に切ってくれと言わないと「猿あたま」になる危険があります。この間など具体的に人差し指くらいにしてねと指で示して頼んだのに、なんか短いような気がするなと触ってみると小指の半分くらいの長さしかありません。ほとんどスポーツ刈り一歩手前。店内も暗いので気をつけましょう。よく見えないので取り返しのつかないことになるかも知れません。

 今日(01年5月)のおばちゃんは今までで最悪でした。まず、頭を洗いますがお湯が熱い!僕が「うわ、あちゃちゃちゃっ(日本語)」と思わず飛び上がり叫ぶほど熱いお湯をかけられました。おばばは一言「ガリチョー(熱い)?」と聞くだけです。「あちーよオメーの手は熱くねーのか!」と言いたいとこでした。次はお約束の水ダラダラです。最後のシャンプーのときも水ダラダラ。しかもシャンプーを良く流さない(一回濯ぐだけ)。ドライヤーかけるとき、まだ水が垂れてきますがドライヤーの熱で乾かすという感じでした。仕上げに白いムースをたっぷりをつけ(ほんとうにすごい量なのでシャンプーもう一回やっているのだと思っていました)、髪をとかしてキンチョールのような臭いのするスプレーをかけてできあがり(マジで殺虫スプレーじゃねぇだろーなとじーっとスプレー缶を見てしまいました)。髪の長さは珍しく長めでしたが所要時間15分未満(早すぎ)。120ルーブル。おばさん終始ムスーッとしていました。サービス精神まったくなし。

 あるとき別の店でお姉さんに切ってもらっているときそのお姉さんの友達が遊びに来ました。友達はとなりのイスに腰掛けて彼氏の話や人生相談を始めました。一応手は動いていますが僕のことはほとんど頭にないように熱心に話を聞いています。そういう僕も話が面白いので夢中になって聞いていると、いつのまにか作業は終わっていました。お金を払って店を出、歩いていると友人に会いました。会うなりそいつは「だっはっはー、なにそれ。その頭。猿じゃん。ハハハー。」と。
 店の中は暗く鏡に映った姿を見ても「いつもよりちょっと短めかな」くらいにしか思っていなかったのですが、改めて触ってみるとほぼ丸坊主状態。中学2年の時になんか悪さをして坊主にしろと先生に強要されたとき以来の強烈な短さでした。ロシア人美人女性の悩みを聞けて嬉しかった(?)のも束の間、お猿サンになってしまいました。

 理容師になるには−理容師のお姉さんに聞いたところ日本と同じように理容師になるための学校に通ったとのことでした。

●2001年7月7日に入った床屋

 アレウーツカヤ通りのフォキナ停留所前の床屋。6年振りくらいに行きました。今回切ってくれたのは35〜40才くらいと思われる女性、マリーナさん。
 細かくどういう風にしたいのだと質問してきます。5pくらいにしてなんたらと説明し、チョッキンが始まりました。やはりまずはバリカンを取り出し、バリカンで刈っています。最後の仕上げにハサミをちょこっと使ってできあがりです。15分位で終了。
 でも、刈ってから頭を洗ってくれません。ドライヤーで毛を吹き飛ばしています。うーん、こういうのもありか...帰る途中、頭や耳を掻くと爪の中に細かい毛もたくさん付いてきます。やはり、ドライヤーだけではだめです。

 頭を洗ってくれなかったことを除けば、今回はまあまあまともかなと思い、帰って妻に見せると後ろ姿を見るなり大爆笑しています。なんだ、なんだと合わせ鏡をしてみるとまっすぐです。後頭部横一直線。どういう感性なんでしょう?

 後頭部までは気が付かなかった...